maneoより債権回収進捗の連絡(2018/12/12)

こんにちは。きとんです。

maneo延滞案件の進捗状況が配信されました。

私が受け取っているのは以下3通です。

本件融資の担保対象となる不動産は、埼玉県内8か所、千葉県内2か所、神奈川県内3か所及び東京都内2か所所在の収益アパートです。

神奈川県内、埼玉県内の一部物件につきましては契約の予定がございます。
契約締結後、改めてご報告させていただきます。

一括での購入を検討中である大阪府内の上場企業子会社及び横浜市の法人につきましては、
上記物件の売却の関係により、個別での金額提示を依頼し、回答待ちの状況です。
また、新たに神奈川県内及び東京都内の不動産業者より個別の物件の買付証明書を受領し、検討しております。
このほか、不動産仲介会社を通じ11月28日以降、新規で複数件の問い合わせに対応中ですが、
具体的な契約等には至っておりません。

本件融資の担保対象となる不動産は、愛知県名古屋市内5か所所在の収益アパートです。

前回ご報告のとおり、東京都内の不動産業者及び横浜市の法人より上記物件を一括購入したいとの打診を受けており、
引き続き、金額の提示待ちの状況となっております。

その他では、一括での売却のほか、物件毎の個別の販売活動も実施しております。
11月28日以降、新規で東京都内の不動産業者から受けた個別での購入の問い合わせに対応中ですが、
具体的な契約等には至っておりません。

本件融資の担保対象となる不動産は、神奈川県川崎市内の土地及び建物です。

前回ご報告のとおり、東京都内の大手不動産会社の系列企業が引き続き購入を検討中です。
11月28日以降、新たに東京都内の不動産業者より問合せがあり資料送付を行いました。
また、医業経営コンサルタント会社より問合せを受け、医療法人との面談を調整しております。
また、大手不動産仲介会社や不動産コンサルタント会社を通じ、複数の企業に検討を打診しておりますが、具体的な契約等には至っておりません。

本件売却活動とは別に、対象不動産に対する競売の申立てを行っております。

首都圏のアパート案件はかなり進展が見られ、任意売却できる可能性がありそうです。

名古屋のアパート案件は2社からの金額提示待ちで進展なし。

問題は川崎市の16億円と評価していた案件ですね。

スポンサーリンク