maneoから回収進捗報告がありました

こんにちは。きとんです。

11/21にmaneoより延滞案件の進捗状況が配信されました。

私が受け取っている3通の内容が以下となります。

1.回収活動状況について

本件融資の担保対象となる不動産は、埼玉県内8か所、千葉県内2か所、神奈川県内3か所及び東京都内2か所所在の収益アパートです。

事業者C社は、新たに横浜市の法人より上記物件を一括購入したいとの打診を受けており、現在、金額の提示待ちの状況となっております。
購入検討中の大阪府内の上場企業子会社につきましては、引き続き一括での購入を検討中であるとの報告を受けております。

あわせて、物件毎の個別の販売活動も実施しており、不動産仲介会社を通じ11月14日以降、
新規で複数件の問い合わせに対応中ですが、具体的な契約等には至っておりません。

 

1.回収活動状況について

本件融資の担保対象となる不動産は、愛知県名古屋市内5か所所在の収益アパートです。

事業者C社は、新たに横浜市の法人より上記物件を一括購入したいとの打診を受けており、
現在、金額の提示待ちの状況となっております。

その他では、一括での売却のほか、物件毎の個別の販売活動も実施しており、
不動産仲介会社を通じ11月14日以降、新規で複数件の問い合わせに対応中ですが、
具体的な契約等には至っておりません。

 

1.回収活動状況について

本件融資の担保対象となる不動産は、神奈川県川崎市内の土地及び建物です。

前回ご報告のとおり、東京都内の大手不動産会社の系列企業が引き続き購入を検討中であるほか、
11月14日以降、新たに1件の現地案内がありました。

また、大手不動産仲介会社や不動産コンサルタント会社を通じ、
複数の企業に検討を打診しておりますが、具体的な契約等には至っておりません。
本件売却活動とは別に、対象不動産に対する競売の申立てを行っております

重要な箇所はマーカーで塗っています。

いずれも任意売却がうまく進むとよいのですが。

なかでも川崎市の土地建物は延滞している案件のなかでも一番金額が大きい12億です。

16億の担保評価なのに、スルガ銀行の件などが理由で12億の価値も今はないというニュアンスの報告はありましたが、そもそも担保評価がきちんと行われているのか疑問ですね。

競売となった場合、私は8億以下で売却されると毀損することになります。

評価額の半額にもならないなんてことがあったら、今後maneoは信用なくなるでしょうね。

スポンサーリンク