仮想通貨を取引所のウォレットにおいたままでよいか?改めて考える

こんにちは。きとんです。

仮想通貨の流出事件がコインチェックに続いて、今回Zaifでも発生してしまいました。

流出したコインはビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインの3通貨で、約67億円相当といわれています。

(この記事を書いている時点ではビットコインキャッシュ、モナコインの流出額が把握できていないらしいので、67億円以上になるのかもしれません。)

感想として、

・当初サーバ障害といっていたにもかかわらず、流出だったというアナウンスまでの時間がかかりすぎ。

・障害対応中だが、顧客資産の安全を確認したと偽ったアナウンスをしたことは、大きく利用者の信用を失ってしまった。

・障害ではなく不正アクセスによる流出だったというアナウンスを深夜帯に行っているのは、悪意すら感じる。

そんな感想です。

コインチェックのNEM流出を受けて、各取引所はセキュリティ対策を向上させているのでしょうが、まだまだ杜撰なレベルだということですね。

Zaifからの日本円出金は翌日に振り込まれた

私はZaifにNEMと日本円がそれぞれ少額ですが入っていたのですが、上記理由でもうZaifを利用したくなくなったこともあり、出金申請しました。

NEMは数時間かかりましたが、所定のウォレットに送金確認できました。

また日本円も翌日には振り込まれていました。


コインチェックは、流出したNEMだけでなくビットコインを除くアルトコインと日本円の出金が不可となりました。

Zaifは今後どうなるか見えませんので、いったん出金したほうがよいかもしれませんね。

仮想通貨は取引所ではなく、ウォレットで自己管理すべき

かつてはマウントゴックス、そして今年のコインチェックとZaif。

セキュリティについては、大々的に各取引所が安心をうたうのですが、実際はハッキングが続いています。

取引所のセキュリティが安心して利用できるだけの水準にはほど遠いのが現実ですね。

ハッキングがおこれば、当然取引所の倒産へとつながり、顧客資産はかえってきません。

コインチェックは自己資産で、Zaifはフィスコグループによる支援によって倒産は回避されるようです。

面倒でも自分でウォレットを用意してそこで仮想通貨を保管する。という選択を考えた方がよいです。

ウォレットの選び方は人それぞれ

セキュリティ、利便性など何を重視するかで、どのウォレットがその人にあっているかが違ってきます。

私の場合、セキュリティ、利便性をバランスよく兼ね備えているモバイルウォレットが一番よいかと思っています。

スマートフォンのウォレットアプリでの管理なので、取引所よりセキュリティ面では安心できます。

でもスマートフォンが故障したり、機種変更するときには移し替える作業が発生するので注意です。

私が使っているウォレットアプリは

NEM Walletでネム、

Gincoでビットコイン、イーサリアム

を管理しています。

どちらも無料で利用できるのもうれしいです。

長期で保持する予定であれば値段はしますが、ハードウェアウォレットもありですね。

ハッキングはないにしても、紛失あたりは注意が必要ですが。

スポンサーリンク