クラウドバンクのドル建てファンドがまもなく運用開始

こんにちは。きとんです。

先月の記事でもふれましたが、クラウドバンクから告知がされていたドル建て案件の取り扱いですが、7/30 15時から運用開始になることが発表されました。

クラウドバンクがまもなく新サービス開始


以下が発表された案件内容です。


アメリカのカリフォルニアの老人ホーム事業支援とのこと。

10万ドル募集で、100ドルから投資可能です。
利回りは税引き前で年利6.9%とクラウドバンクにしては高め。

担保ありですが、実績のないサービスで運用期間24か月は長いかなという印象はあります。

通常は匿名性やら守秘義務やらで詳細が説明されず、そのことを事業者が悪用してしまった事件が続いていますが、

投資先の老人ホームについてきちんと説明があるのが、大きな特徴ですね。
実際サイト内には写真や地図までついていました。


注意点としてはドル建てファンドなので、為替リスクがともないます。

7/28現在1ドル111円前後で推移していますが、24か月後運用終了時点ですぐに償還分を円に戻すと円高の場合毀損する可能性がありますね。

もちろん逆に円安に向かえば資産が増える可能性もありますが。

クラウドバンクの今回の試みは興味ありますが、まずはシステム面など初期問題も懸念されるので、様子見でいきたいと思っています。



スポンサーリンク