maneoマーケットに行政処分

スポンサーリンク

こんにちは。きとんです。

グリーンインフラレンディングがファンド資金を融資目的とは別の目的に使っていたとして、
maneoマーケットが行政処分を受けることとなりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JCサービスは今月分の償還をしているが、maneoマーケットが受け取り拒否している

2018/7/2付で、グリーンインフラレンディングはmaneoマーケットに対し、今月分の返済、元本償還を支払うところ、拒否されたという事態がおこっています。

今日maneoマーケットより、「【グリーンインフラレンディング】償還及び分配の留保に関するご報告」というメールがおそらくグリーンインフラレンディングの全ユーザに配信されています。

このメール長いので一部抜粋ですが、こんな内容です。

1.融資案件の概要
(1)期日到来により延滞として取り扱う保留案件の概要

ファンドID件数 33本
延滞元本総額   571,920,000円

(2)期日到来により延滞として取り扱う保留案件の詳細
(中略)

(3)支払利息の遅延としての取り扱い

7月2日を支払日とするすべてのローンIDの利息の支払いについては保留に伴い遅延として取り扱い致します。

ローンID件数 1,436本
利息金額合計  190,149,076円

2.経過

2018年6月29日付の「ファンドの募集停止等のお知らせ」においてお伝えいたしましたとおり、「グリーンインフラレンディング」におけるファンド(以下「本件ファンド」といいます。)については、投資家の皆様にご説明申し上げていた事業とは異なる事業等に一部資金が使用されたものと評価せざるを得ないとの判断に至っております。
かかる状況を踏まえ、ファンドの営業者であるグリーンインフラレンディング社が7月11日に分配を予定しております元金及び利息につきましては、同社に資金到達しているものの、返済原資に確認を要する事項があるとの判断により、当面の間、本件ファンドの投資家の皆様に対する償還及び分配の実施をやむを得ず留保の取扱いとなりますことご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

これに対しグリーンインフラレンディングの親会社JCサービスは以下ホームページにあげています。

グリーンインフラレンディングのHPはmaneoマーケットが管理しているので、そこでは自社の見解を記載できないのだとか。

株式会社グリーンインフラレンディングは、投資家の皆さまに7月 11 日の償還及び分配を予定していた総額 748,572,155 円につきまして、投資家の皆さまに返済を行おうとしましたが、maneoマーケット株式会社に受領を拒否されました。

これらの償還及び分配を予定していた資金につきましては、株式会社 JC サービスから株式会社グリーンインフラレンディングへの返済は既に行われていますが、同社から投資家の皆さまに対する返済についてはmaneoマーケット株式会社に受領を拒否されたものです。

株式会社グリーンインフラレンディングとしましては、投資家の皆さまにご心配をおかけすることのなく安全に投資家の皆さまに返済されるよう、当該資金について、現在、法務局に供託させていただいています。

maneoマーケットのいう返済する原資を確認というのはわからないこともないのですが、今月で満了するファンド元本返済まで凍結するのはわかりませんね。

理解しろと言われても説明不足と感じています。

maneoマーケットの処分理由

(1)ファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示をした行為
(2)管理上の問題点

JCサービスが別の用途に集めたお金を利用したことがそもそも一番の問題点ですが、そのことをmaneoマーケットが厳しく審査せず、把握していなかったことでそのまま投資させていたことが問題とされました。

プラットフォーム利用などmaneoマーケットは相当の手数料をもらっているわけですから、当然やらなければいけないことをやっていなかったといえるでしょう。
maneoファミリーということで、信用して投資されている方も少なくなかったと思われます。

今後はmaneoファミリー他社への影響も考えられますね。

私自身もグリーンインフラやmaneoファミリー他社に投資している立場です。
無事返済されることを願っています。

2018/7/6 追記
「グリーンインフラレンディング」における償還及び分配の実施留保のお知らせ(続報1)(重要)」
というお知らせがmaneoサイトに掲載されています。

本日午前、株式会社JCサービスより、「グリーンインフラレンディングによるファ
ンド資金の返済について」という文章が公表されました。その中で、「株式会社グリー
ンインフラレンディングは、投資家の皆さまに7月 11 日の償還及び分配を予定してい
た総額 748,572,155 円につきまして、投資家の皆さまに返済を行おうとしましたが、
maneoマーケット株式会社に受領を拒否されました。」という表現がなされました。
当社は、投資家の皆さまに償還される資金を受け取る立場にはありませんので、受け
取り拒否をした事実はございません。

現在、弊社は、償還及び分配の留保解除の当否を判断するべく、鋭意グリーンインフラレ
ンディング社及び最終貸付先企業に対する要請や指導等を行っておりますので、ご理解を
頂けますようお願いいたします。
一刻も速く、投資家の皆様に償還・分配が行えますよう、グリーンインフラレンディ
ング社と協力して、確認作業を行って参ります。
投資家の皆様をはじめ、関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛け致しており、
心よりお詫び申し上げます。

投資家の償還する資金を受け取る立場にないとか、また受け取り拒否していないとか。
意味もよくわからないし、そもそもどうして両社は言い合いになっているのでしょう。