ラッキーバンクから業務改善命令に対する再発防止策が提示された

こんにちは。きとんです。

本日ラッキーバンクから「業務改善命令に対する再発防止策等について」のメールが届きました。

ラッキーバンクのサイトにも掲載されていますので、詳細はこちらをご覧ください。

 

https://www.lucky-bank.jp/news_files/180629/gyoumukaizen_180629.pdf

 

正直このプレスリリース遅すぎます。

以前にも

行政処分中のラッキーバンクから配当をいただきました

あたりでふれましたが、投資家側への配慮が足りなさすぎます。

その後GW期間に返済遅延のメールが一斉配信されました。

これまでは預託金口座の廃止(→以降は各投資家の銀行口座へ償還、配当金を入金)と遅延案件についての一部情報くらいしか連絡がきていません。

事業継続の意思はもっている

プレスリリースの中では「1.再発防止策(概要)」「2.遅延が発生しているファンドに関する今後の債権回収について」について記載されています。

このなかではっきりわかったことは、今後ラッキーバンクが事業再開、継続する意思が強いことです。

具体的にリノベーション事業に今後着手していく方向を示していることから、そのことがうかがえます。

まあそのためには、現在遅延となっている全案件の返済が大前提ではあると思いますが。

私も少なからず投資しているので、45億円の返済をまずはしっかりやっていただきたいですね。

X社との密接な関係遮断や、貸付先の分散、融資上限設定などが業務改善の中に記載されていました。

事業再開したとき再投資するかは今は考えられませんが、注視して再検討できるように改善されることを期待しています。

 

スポンサーリンク