仮想通貨のイーサリアムが年内に15000ドル?

スポンサーリンク

こんにちは。きとんです。

国内はゴールデンウィークに入っています。

例によって行楽地はにぎわっているようです。また交通機関も混雑や渋滞などが報道されていますね。

サラリーマンのお父さんたちにとっては、平日以上にきつい連休なのかもしれません。

連休ということで、金融機関や証券会社もお休み。

投資関係もお休み。といった感じですが、4月から仮想通貨相場の流れがだんだん変わってきています。

たとえばビットコインにつぐ基軸通貨として期待されているイーサリアム。
イーサリアムの年末からのチャートが以下です。

昨年末の急騰により、今年1月初めに18万円タッチしています。

しかし各国規制強化やコインチェックのNEM流出事件で下落を続けて、5万円を割っていました。
下落は4月に入って底を打った形となり、今日5/4時点では、8万円を超え回復してきています。

Redditの設立者の一人であるオハニアン氏は、イーサリアム相場についてコメントしています。

レディット共同設立者のアレクシス・オハニアン氏は、イーサリアムが年内に1万5000ドルに到達すると予測した。ビットコインも2万ドルになるとみる。

イーサリアムは年内に1万5000ドル(約160万円)あたりになるという予測です。

1万ドル超えは大げさな感じはしてしまいますが、
去年のビットコインも10万円台だったのが年末には200万円を超えていました。
同じようなチャートを描けば可能性はあるかもしれません。

仮想通貨は値動きが激しいので、遊び感覚で1万円でももっていたら面白いかもしれませんね。
私は少しイーサリアムをもっているのですが、他の通貨含めてもう少し購入したいとは思っています。

イーサリアムの特徴として「スマートコントラクト」があります。

サラリーマンの方だとよく聞く言葉だったりするかもしれません。
取引の円滑化・簡素化、手数料コスト削減、データ改竄の防止などが期待できます。

現状は仮想通貨=ビットコイン。
といった感じで、日常生活にはまだまだ入り込めていない感じです。

法整備や取引所の体制も十分ではありません。
現に行政処分がでている取引所もいくつか見られます。

ただ数年後には体制が整って、仮想通貨があらゆる場面で利用されているかもしれません。

現状仮想通貨は投機的といわれますが、将来を考えるのであれば投資といえると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク