+メッセージをいまさら開発する理由は何なのか

スポンサーリンク

こんにちは。きとんです。

ドコモ、ソフトバンク、auが共同で開発した「+メッセージ」というアプリが5/9リリース予定と先日3社合同での会見がありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

+メッセージとは

・携帯電話番号だけで「かんたん」「あんしん」にメッセージが送れる!
・写真や動画、スタンプの送受信ができる!
・グループでのコミュニケーションもできる!

という機能をもったSMSアプリです。

既存のSMSでは同じ携帯キャリア同士でしか送受信できなかったので、3社にとってはとても魅力的なアプリとなります。

Lineの劣化版といってもよい

これらの機能をもっているアプリに「Line」があります。

Lineがすでに広く利用されるようになっているので、この+メッセージについては「いまさら?」という印象しかありません。

メッセージ、写真、動画、スタンプの送受信、グループコミュニケーション。
すでにLineで十分ですよね。

さらにLineはパソコンでの利用ができたり、MVNOやSimフリー端末でも利用できますが、
+メッセージはおそらく当面は3社キャリアのみ。
Lineユーザがのりかえる意味があるのでしょうか?

キャリアがやるべきことはまずコストダウン

先日楽天がキャリアとして第4の携帯事業者に名乗りをあげました。

そして基本料金を楽天モバイルと同等の月1,980~2,980円あたりを目指しているということのようです。

キャリア3社とも基本料部分で1ヶ月7,000円以上は高すぎます。

このアプリの開発費だったり、牛丼のクーポンだったりはいらないので、価格を下げることにまず注力してほしいですね。

ユーザが望んでいることが全く理解できない大手キャリア。残念すぎますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする