iPhoneの写真の撮影日時を変更する方法

スポンサーリンク

こんにちは。きとんです。

iPhoneで写真を撮影すると、iOSの写真アプリのなかに自動で保存されますが、
写真には撮影した日時や場所などのあらゆる情報が記録されています。


この写真の撮影日時を変更したい。なんてことはできないのでしょうか。
撮影日付や場所が表示されるおかげで、友達や恋人とちょっとしたトラブルになるなんてこともありえますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneで撮影した写真が持っている情報

iPhoneで写真を撮影すると、さまざまな情報も写真と一緒に取得されます。

それはExif(エグジフ)情報とよばれていて、撮影した写真の詳細情報が記載されています。

写真の解像度、ファイルサイズ、フォーマット(JPEGとか)、iPhoneのバージョン。
またカメラのシャッタースピードなど性能面の情報も記録されます。

そして大事なのが撮影日時と場所。
撮影日時はiPhoneなので当たり前に記録されますが、緯度経度情報から撮影場所の地名まで記録されます。

撮影日時を変更する方法

iPhone本体では修正できないので、AppStoreから「HashPhotos」というアプリをダウンロードします。


HashPhotosを起動すると、写真アプリのように撮影した写真一覧が表示されます。

該当の写真を選択し、左下のアイコンをタップします。

その中に「Adjust Date/Time」という項目があるので、そのアイコンをタップします。
この画面で撮影日時を変更したい日時にすることができます。

iPhoneについては以下の記事もよく読まれていますのでどうぞ。

iPhoneの削除できない写真の消し方
もうすぐ発売されるiPhoneXの購入を予定していますが、前もって不要なアプリや写真などの整理を行っていました。 サイズは何ギガにしよ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする