管理人が選ぶソーシャルレンディング業者ランキング2018

スポンサーリンク

こんにちは。きとんです。

私は今日まで半年ほどソーシャルレンディングを行ってきました。

口座開設~入金~申込~配当受取~償還

と一連の流れを経験し、ソーシャルレンディングそのものが理解できるようになってきました。

これからソーシャルレンディングを始めようと検討されている方は、

「どの業者を利用するか?」

で悩んでいる方が多いと思います。

そこで私が現在利用している業者だけランキング形式にしてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキング方法

評価ポイントは以下でそれぞれ5点満点。

・信頼性(資本力)
→業者選択で一番重要とみている項目なので、ポイント2倍とします。
案件のデフォルトはそれの案件だけで済むが、業者の倒産はその業者に投資している全件にかかわるので。

・実績(ローン総額)
・利回り
・担保、保証の有無
・ユーザビリティ(案件の多さ、サイトの使い勝手)

トータル30点満点で評価です。

※2018/4/2 LCレンディングをランキング追加しました。

1位  maneo 27点

信頼性 10 実績 5 利回り 3 担保 4 ユーザ 5

2018/3/30現在、総額1161億円のローンを成立させています。
ソーシャルレンディング最古参業者で実績十分です。
GMOやSMBCが株主についていることも安心させる材料といえます。

案件も豊富で不動産、事業投資をはじめmaneoグループ企業からセレクトファンドとして、maneo上で募集かけていることもあります。

案件が豊富なので、いつでも投資ができる状態というのもよい点です。

サイトが非常に見やすく、マイページの使い勝手もよいです。

maneo

2位  LCレンディング 26点

信頼性 10 実績 4 利回り 3 担保 5 ユーザ 4

不動産案件がメインの業者。
親会社がジャスダック上場のLCホールディングスです。

利回りは5~7%あたりが中心。
案件数がそれなりに多いので、投資機会がないということはあまりないようです。

担保付き案件が多く、2万円から投資できるので初心者でも利用しやすいです。

LCレンディング

3位  OwnersBook 25点

信頼性 10 実績 5 利回り 2 担保 5 ユーザ 3

不動産案件に特化した業者。
2017年マザーズ上場を果たしたロードスターキャピタル株式会社が運営しています。

利回りが税引前で5%程度がほとんどなので、他社と比較すると利回りが劣る印象です。

ただし不動産案件特化しており全案件で担保付きとなるため、安全性を優先する投資家にはとても人気があります。

それゆえ私にもいえることですが、案件が少ないこともあって、投資そのものがなかなかできません。

というのも募集開始から数分で締め切られる案件が多く、なかなか投資機会がない。ということになりがちです。

オーナーズブック

4位  クラウドバンク 23点

信頼性 8 実績 4 利回り 3 担保 4 ユーザ 4

総額270億を超える実績のあるクラウドバンク。
maneoにつぐ実績のある会社ですが、行政処分を受けた過去があります。

幅広くジャンルを扱いますが、最近は事業投資、インフラ投資が中心です。

ソーシャルレンディングは償還まで資金拘束されることが懸念としてありますが、クラウドバンクは3ヶ月~半年程度の短期案件も少なくなく、投資しやすいといえます。

5位  グリーンインフラレンディング 22点

信頼性 4 実績 4 利回り 5 担保 5 ユーザ 4

エコエネルギーインフラに特化した業者。
バイオマス、太陽光発電を扱います

2016年に創立されたばかりの会社ですが、2018/3/30現在162億のローンを成立させています。

maneoグループ会社であることが信頼性をあげているともいえます。

この業者はほとんどの案件で10%以上の高利回りとなることが魅力です。

グリーンインフラレンディング

6位  クラウドリース 21点

信頼性 4 実績 3 利回り 5 担保 4 ユーザ 5

アミューズメント、飲食業への投資をします。
他社には見られない独自性があり、分散投資を考えると利用したい業者といえます。

グリーンインフラレンディングと同様maneoグループであることが信頼性アップといえます。

2016年に創立したばかりの会社で、2018/3/30現在89億円のローン成立となっています。

案件が多く、高利回りであることも魅力ある会社です。

クラウドリース

7位  ラッキーバンク 20点

信頼性 4 実績 4 利回り 4 担保 5 ユーザ 3

不動産特化の業者。
2018/2に行政処分を受けており、現在業務改善命令が金融庁からだされています。
貸付審査と担保評価について指摘が入ったもの。
業務改善命令の期限が4/2なので、その後動向は要注目です。

全案件担保付なうえ、税引前8~10%程度の利回りがつくというのが特徴です。

それゆえ募集と同時に応募が殺到し、すぐに締切となって投資ができないということがおこります。

ラッキーバンク