ソフトバンクから転出するお得な方法を覚えておこう


こんにちは。きとんです。

今月発売のiPhoneXを利用していますが、おおむね満足しています。
購入で迷っている方にはおすすめしたい商品ですが、残念なのはお世辞にも値段が結構高いこと。

ただiPhoneの高い安いについては、人それぞれの価値観だろうと思っています。
携帯電話にメール機能がついた端末と思えば高いでしょうし、電話とメールに加えてインターネットにゲームにアプリがついたパソコン以上の端末。と思えば安いのです。

今回iPhoneXに変更するにあたって、ソフトバンクからmineoへ移行しました。
料金的にどれほど違うのか?不便になることがないのか?だんだんわかってきたので、ご紹介したいと思います。

mineoに乗り換え、iPhone6からiPhoneXに機種変更しました。

更新期間に解約すると違約金がかからないのでお得

ソフトバンク(ドコモ、auもですが。)は2年ごとに更新期間を設けています。
その更新期間(2ヶ月間)に解約すると、違約金(約1万円)を支払う必要がありません。
ただし、他社への移転では手数料3,000円ほどかかります。

2年間の契約をすることで基本料を安くするという建前があるのですが、それでも全然安くないですけどね。

なのでMVNOなどに移転する場合は、更新期間に解約し移転することをおすすめします。

ソフトバンクとmineoの費用比較

私はあまり通話はしないので、ホワイトプラン+パケットし放題フラットfor4GLTEでの契約でした。

通常はこんな感じで約7,000円程度支払っていました。通話ほとんどなしでこの値段。うーん高すぎる。こんなこといいたくないが、松坂投手にあれだけ金だすのなら、利用者に還元してもらいたかったですね。

そしてmineo転出後のソフトバンク請求が以下です。

手数料の部分は違約金とMNP手数料です。
退会月の利用料は手数料をのぞいた107円で済みました。

更新期間に入ってからすぐにMNP手続きをする方は多いと思うのですが、更新期間に入る前にやっておくべきことがあります。

それは解約月のパケット定額サービスの変更です。

パケット定額サービスには2種類あって、多くの方はパケットし放題フラットというプランに入っていると思います。

このプランだと解約月に日割り計算されません。なので、フラットのつかない方のプランに変更しておきましょう。変更しないと1日だけでも5,700円請求されてしまいます。

そして更新期間に入った2日目に解約手続きをしてください。
10日締めの場合、更新期間初日にあたる11日に解約するとプラン変更が無効になるのだそうです。ソフトバンクの勝手な都合のよい解釈としか思えませんけどね。

ただし、ある程度期間があるのであればプランは変更しない方がよいです。かえって高くつきますので。これは更新期間に入ったらすぐ移行する方への話です。

私は10日中にSIMカードをはずし、11日はSIMなしで過ごし、12日にmineoへ切り替え手続きを行いました。

mineoの費用がキャンペーン期間中だったこともあり激安

mineoは単純でわかりやすい料金体系だなという感想です。
ドコモプラン6GBで2,462円、キャンペーンで12ヶ月972円引きで利用させていただいています。つまり最初の1年間は1,490円で利用できます。

自宅会社ともwifiがあるのに6GBもいるかな?とも思ったのですが、最初の1週間で1GB使っていました。まあiPhoneX購入したばかりでいろいろいじってましたからね。

ソフトバンクとmineoの料金比較

通話はのぞいてソフトバンクはで約7,000円、mineoは約1,500円です。
厳密にはソフトバンクは7GBですが、この差は大きすぎますね。違約金支払ってもすぐに元がとれてしまいます。

mineoに移ったことでのデメリットとすると、今までのキャリアメールが利用不可になりますね。ただ最近ではLineで連絡取り合うことが多いので、もうキャリアメールはいらない人も多いのではないでしょうか?
電話番号がわかっていればショートメールは使えるわけですから。

もしキャリアメールがなくなると困る方は注意してください。

スポンサーリンク