ウェルスナビは為替と自動積立に注意

こんにちは。きとんです。

2017/11よりロボアドバイザーのウェルスナビを利用開始しました。
入金後はロボアドバイザーおまかせで自動運用してくれるということで、特になにもしなくてもよいのですが注意しておいた方がよい点があるので記事にしてみます。

WealthNavi

収益プラスでも円建てではマイナスになるケースがある

入金してすぐにプラス収支にはなっていたのですが、私の現在のポートフォリオがこんな感じになっていました。


リスク許容度は4を利用しています。

 

ウェルスナビはアメリカの証券取引所で米ドルでETFを購入します。そのためウェルスナビそのものの成績はドル建ての数字になります。でもドル円の為替は毎日変わっていて購入時より円高となっていると、円建ての数字は低くなってしまいます。その結果損失になることがありえるんですね。

ウェルスナビを利用する際の注意点です。
入金はなるべく円高時、出金はなるべく円安時にするのが理想ではあります。

ラベル名
ウェルスナビがプラスでも、円高になるとマイナスになることがある。

ドルコスト法という長期で積み立てていく方法をウェルスナビは推奨しています。

リーマンショックのような大暴落があっても世界経済は成長し続けるという観点から、こつこつ継続することを呼び掛けています。

自分のライフスタイルにあわせて積立方法が4種類から選択可能に

ウェルスナビの自動積立方法が追加されました。

4つの自動積立選択肢

月1回定額
毎月6日、12日、20日、26日、末日の中から1回、お客様が設定した一定の金額を積み立てます。

月5回定額
毎月6日、12日、20日、26日、末日のすべての日に、お客様が設定した一定の金額を積み立てます。

複数回定額
毎月6日、12日、20日、26日、末日の中から複数回、お客様が設定した一定の金額を積み立てます。

カスタム
毎月6日、12日、20日、26日、末日の中から複数回、それぞれの日毎にお客様が設定した金額を積み立てます。

ドルコスト平均法を使った運用をされている方には便利機能が追加されたといえますね。

ウェルスナビについては以下の記事でくわしく説明しています。

ウェルスナビは投資初心者や忙しいビジネスマンにおすすめ

2018.10.30
WealthNavi
スポンサーリンク