Simplicity2の初期設定をしてみる

無料ブログを利用するのではなく、自分のブログを作って運用していく場合、
・サーバレンタル契約をする。
・ドメインを取得する。
・WordPressというソフトをインストールする。
という作業がまず必要というところまで前回の記事では説明しました。

この段階でWordPressを使って投稿することそのものはできるようになりました。
ドメインにアクセスすると記事を表示するところこともできるようになっています。

ただし見栄えがよくなく個性がなかったり、追加したい機能などもありますので、その準備をします。

テーマの選択

無料ブログでも似たような機能がありますね。
見た目の色や文字フォントなどをいくつか用意されたものから選択する。といったものですが、
WordPressの場合はそれに加えてテーマごとにすでに機能がついているものもあります。
また外部からテーマを持ち込んでそれを利用することも可能となっています。

閲覧者にとっては見やすいサイトであることが重要ですし、
管理者も愛着のあるサイトにするためには見た目は重要な要素です。

WordPressではたくさんのテーマテンプレートが用意されていますので、気に入ったものを選択します。

私はSimplicity2を選択することにしました。
実際Simplicity2はWordPressでも人気のテーマですが、見映えのよさに加えて、機能面でも優れた機能をもっています。

・SEO設定が優れている。

検索エンジンでサイトが検索結果にあがりやすくする手法をSEO対策といいます。
私はSEOについては詳しくないので、Simplicityのこの部分でのよさがあまりわかっていないのですが、検索にかかりやすいタグをhtmlに仕込んでくれるため、アクセス数アップが期待できます。
ただ本当のSEO対策というのは良質なコンテンツ作りだというのは、私も忘れないようにしないといけません。

・レイアウト配置が自由

用意されているウィジェットが豊富になります。
ヘッダー、サイドバー、フッターを自由にウィジェットを並べ替えることでレイアウトできます。

・レスポンシブデザインに対応している

パソコン、スマホ、モバイル端末どこからアクセスしても、デザインが崩れないように表示してくれます。
かつてはwebサイト開発というのはパソコン用、モバイル端末用と同じ内容のhtmlをサーバに用意して、
アクセスされた端末によって、表示されるhtmlを変えるという手法でした。
したがってサイトを2つ作成するのと似たようなもので、とても工数がかかるものでした。
それがWordPressでは自動生成してくれます。

・リンクに利用するブログカードが優秀で設置も簡単

http://kittoku.com/
URLを投稿文面に入れてあげるだけで、このようなリンクを作ってくれます。これは簡単で助かりますね。

とりあえずこれだけでも、大きく変わってきます。
他にプラグインと呼ばれるモジュール追加で、さらにカスタマイズしていくことができます。
プラグインについては別途記事にいたします。

スポンサーリンク